カードローン 家族の生年月日






【実録】家族の生年月日が言えなかった…

asewokakuカードローンだけではなくすべての契約事への申込時には、契約者氏名、住所、生年月日などを登録しますよね。自分の名前を言えない人や家が分からなくなってしまう人、自身の誕生日を忘れる人は、フツーはいないでしょう。私も忘れません、自分のことなら。

 

ところが、カードローン会社からは時として、自分の個人情報以外のことを質問されるケースがあるのです。私は「旦那さんの生年月日は?」と聞かれて、とっさに数字が頭に浮かんでこなかった経験があります!

 

いつからだったのでしょう、こんな間抜けな自分になっていたのは。
「気づいたら、夫の誕生日が過ぎていた……」
夫を心から愛している♪ と思っていた自分に、結婚後まさかの嘆かわしいもの忘れが起きるようになっていました。大切な記念日が記憶から抜け落ちてしまうのです。もしかして、私は夫を愛していないのでしょうか……!?

 

短期間ではあったものの、私は自分の愛情や誠実さを疑う時期を過ごし、迷走しました……、が、それはまた別の物語ということで(^^;;
ショックでパニック! その時の自分は異様に取り乱してしまい、鞄を引っ掻き回して、家族の生年月日が書かれた手帳を出し、めくって探しました。そんなことをしていると、答えるまでに10分以上もかかってしまいました。

 

自分の挙動不審さが原因でカードローン審査に落ちるのではないかと、本気で心配しました。あれほど慌てていたのですから、やはりあやうい所だったと思うのですが……、何とか審査を通過し、ローンを利用する許可が下りました。(ほっとしました)

 

夫や家族についての情報を質問されるのは、どうしてなのでしょうか?
考えられるのは、「なりすまし対策」です!
人になりすましてカードローンに申し込もうとするような狡猾な人間だったら、契約者の情報はとっくにリサーチ済みですよね。本人の生年月日なんか答えるのは、余裕じゃないですか。

 

しかし、そこに「旦那さんの誕生日は?」「息子の生年月日は?」または「ペットの名前は?」などといった質問が放り込まれたらいかが? 詐欺師はなかなか正解しづらくなります。このようなプレッシャークイズを組み合わせて回答させる方法は、カード犯罪を未然に防ぐことにつながっているのでしょう。
それはともかく、専業主婦は家族の誕生日を忘れるべきではないと、つくづく思います……。


当サイト管理人

kanrinin02

はじめまして。当サイト管理人の玲奈(れいな)と申します。 専業主婦の私がキャッシングを利用した時の体験談や、キャッシングするにあたって知っておきたい情報を掲載しております。 是非ごゆっくりご覧ください。

→詳細プロフィールはコチラ