孤独 お金






孤独はお金で埋まるのか

money専業主婦にカードローンは必要? それとも不要?
私は、「現代社会では、専業主婦が全くカードローンなしで生活をしていくほうが、無謀なのでは?」と思う派です。

 

ホストクラブにはまってカードローン地獄に
カードローンは力強い味方です。専業主婦の孤独な戦いに、戦友ができるようなものだと思います。
「専業主婦の孤独」とは何だろう? と思ったそこのあなた。専業主婦は、たとえどんなに困っていても周囲にお金の相談をすることがタブーです。だから、孤独な戦いを強いられるのです。

 


なぜ、あの人はマイホームやクルマが買えたのか。どうしてその後も落ちぶれずに暮らせているのか。一体、何をしたんだ。といったからくりは、ぺらぺら喋ったりはできないことになっています。一応、秘密。
しかし、世の中にあるほとんどの物事はお金で実現しています。

 


ところが、生身の人に「借金」について話すと、人間としての信用が急転落下します。自分ひとりならともかく、夫や家族の評判の急落につながる。それが困る。だから、主婦はお金のやりくりで頭をいっぱいにしていながらも、それを人に打ち明けることはできません。知人から借金することもあり得ないのです。

 


お金の相談は身内にもできません。義理の父母には絶対に秘密! また、旦那さんはこの現実に本気で向き合ってくれなかったりします(だからこそ、夫にヒミツで主婦向けカードローンに申し込むことができるのですが…)。男性の鈍感さは主婦を傷つけます。夫源病になる原因ですね。
家計をどーんとまかせられてしまう専業主婦。一人であれこれ「ああ、どうしたらいいものか…」と、かなり考え込んでいます。実際大変ですが、生活にかかわる不安が減ればそれだけで、主婦の孤独によるストレスは大方消えます。

 


あなたは、孤独はお金で解決すると思いますか? 私の孤独は、お金で8割方埋まりました。大袈裟かもしれませんがカードローンのおかげです。
カードローン会社にとっては、秘密厳守は仕事のうち。当たり前のことでしかありません。だから、困った時はカードローンサロン(問い合わせ先)に相談ができます! ココでお金は借りられる、返していけばいい、返し方も相談できる。それが分かった時、肩の荷が降りて体がすーっと軽くなりました。

 


カードローンは、「お金を借りたのだ」というよりも「自分で動かせるお金ができた」という感覚です。先に使う、あとで埋める、という順番で、お金を操作しているのはあくまでも自分です。カードローンをうまく利用できるようになってから、安定した気持ちを取り戻すことができています。

 


ふと思います。人から見たら、明るくて綺麗で悩みなどないかのような奥様も、笑顔の裏では強い孤独を抱えているのかもしれないなと…。私からは、ママ友のマネーの相談にのることはありません。聞くのは失礼にあたるからです。相手も、裏側で危機があってもきっと話さないことでしょう。ただ、主婦が黙って一人で悩むしかない闇も、カードローンが利用できれば埋めていけることがほとんどです。

 


夫よりもずっと頼りになるカードローンに出会えて、本当によかった、と私は強く思っています。そして、人間の孤独はお金で埋まると確信しています。


当サイト管理人

kanrinin02

はじめまして。当サイト管理人の玲奈(れいな)と申します。 専業主婦の私がキャッシングを利用した時の体験談や、キャッシングするにあたって知っておきたい情報を掲載しております。 是非ごゆっくりご覧ください。

→詳細プロフィールはコチラ