カードローン 返済方法






返済方法いろいろ♪返済方法いろいろ♪

借りたお金は、ゼッタイに返さなければなりません。では、カードローンの返済にはどのような方法があるのでしょうか?
さまざまな手段がありますが、
・カードで振込。
・カードローン口座に振込。
・毎月1回の自動引落を申込んでおく。


といった方法の中から、自分のライフスタイルに合った支払方法をチョイスできます☆

 


無計画に返済するのは×。完済を目指さなければ意味がありません。月々いくらずつ支払えば無理がないのか、自分なりの返済プランを描いた上で毎月の返済額を決めましょう。
返済の際、注意するポイントは「約定金額」です!

 


atmこれはあらかじめ定められて、カードローン会社側で指定してきます。たとえばATMで返済しようとすると、画面にピッ!と「約定金額××円」などの表示が出ますので、きちんと目を光らせて見ておいてくださいね。最低でも、その金額は支払うのがルールです。
可能ならどんどん前倒しで、多めに返済を進めていってかまいません。

 


多く返す分には何の問題も生じませんが、もし返さないと
・それ以上の借入はストップしてしまう(>_<。
・信用度の低い客として、アチラのマル秘リストに載る(>_<。。
家族に「返済が滞っています」といった連絡が入って、せっかく秘密にしてきた借金がバレてしまう(>_<。。。


返済を忘れると家庭内トラブルを招く恐れもありますので、重々ご注意ください。
なお、この返済額に関してのみ言えば、銀行カードローンよりも消費者金融の方が、猿でも返せそうなほど低い数字を提示してきます。


最終的には、返済は必ず借入よりも多い額を振込まなければなりません。「どうして借りた額をそのまま返してはいけないの?」と不満を覚えるかもしれませんが、あちらだって、何の利益もないのに好きなようにお金を使わせてくれるわけがないですよね。利息をつけて元金との差額を得ることで、カードローン会社は運営されているのです。


返済額を抑えたいなら、利用客にできることと言えば、賢く低金利の会社を選ぶことでしょうね。
「借りる側って損するの?」と聞かれれば……、そうですね、損をすると思います。ただし、損失ゼロで生きる道は得も少ないです。生涯プランの中では、必要な時期に資金を使えないと、トータルではもっと大損をしてしまいます(痛感)。


まずは迅速な完済を目指しましょう! しっかりと返し切ることによって、また次の機会にカードローンでお世話になることができますよ。


当サイト管理人

kanrinin02

はじめまして。当サイト管理人の玲奈(れいな)と申します。 専業主婦の私がキャッシングを利用した時の体験談や、キャッシングするにあたって知っておきたい情報を掲載しております。 是非ごゆっくりご覧ください。

→詳細プロフィールはコチラ